頭皮の糖化は薄毛に影響が本当にあるのか?

薄毛対策の方法は、数あれど、どれもいまいち根拠や実効性にはバラつきがあり、これをやったら、必ず生えるというものはなかなか見つけられていないのが現状です。

そんな中でちょうど2015年からぽつぽつと目にするようになったのが、
「頭皮の糖化」が薄毛の原因になり、糖化を防止することで育毛できるのはないか?という説です。
このネタ元を探ってみると、どうやら言い出しっぺは比較的古くから通販限定の育毛剤として有名なBUBKA
これまで、育毛剤といえば髪の毛自体を成長させることがメインテーマのように思えていたが、そうではなく、頭皮自体に注目しているのが新しい。しかし、髪の毛そのものには関係ないのでは?という疑問も湧いてきます。
今回は頭皮の糖化が本当に薄毛に影響があるのか調べてみることにしました。

そもそも糖化とは?

まず、調べたいのは、そもそも糖化というのがどういう状態であるのかよくわかっていないことです。頭皮が甘くなるのでしょうか、いや、味など確かめたことないし。なので、糖化について調べてみます。
ロート製薬の解説ページによると、つまりは、

食べ物から摂る体のエネルギーになる糖質が、体の中にあるタンパク質と結びつくことで、タンパク質が劣化してAGESという物質になり、体の中に溜まってくる

ということらしいです。
これが溜まるとどういうことになるかというと、肌の老化はもちろん、高血糖になりがちになったり、心筋梗塞などの生活習慣病の一員になったりするらしいです。
更に言うと、AGESという物質は、食べ物を焼いたり、揚げたり、電子レンジで加熱すると増えるらしく、これを食べ過ぎても体に溜まっていくそうです。
思ってたより、怖いぞ、糖化。。。

これを頭皮に置き換えると…

ではこれが薄毛にどういう影響をおよぼすのでしょうか?
最初にリンクしたネタ元のBUBKAのページには、
「糖化によって皮膚の弾力が奪われ、ハリのない堅い頭皮となって育毛を妨げてしまいます。 」

とあり、その対策として、マロニエエキスなど、4つの成分が配合されているわけですが、この論には一つ盲点があります。
よくよく読みこんで見ると、文章には直接書かれていないのですが、糖化自体が薄毛の原因ではないということです。
というのも、文章の横にある図解を見てみると、頭皮が固くなることによって有効成分が浸透しなくなり、効果が薄まるという説明がなされています。

普通に考えると、頭皮が固くなるから髪が生えにくくなってしまうのか?と考えがちですがこれを合わせて読んでみると、つまり糖化の影響というのは、育毛剤に使うにあたって、その成分が体内に吸収されることが阻害されるという結論になり、薄毛そのものの原因には成り得ないということです。
確かに育毛剤を使うにあたって成分が吸収されないのは問題ですが、あくまで育毛剤の効果を最大限に発揮させるための対策であって、薄毛対策の本質からは外れているといっていいでしょう。

まあ、この吸収自体の問題についても、注射などの体内吸収に比べ、そもそもの皮下吸収される成分は10%未満という衝撃的なデータもありますが。。。

ともかく、糖化自体が薄毛を加速させているということではないのでお間違いのないよう。それよりも糖化によって引き起こされる各種生活習慣病の対策に重きを置いたほうが良いと思います。
まず最初に生野菜を食べるだけでも血糖値が抑えられて糖の吸収が遅れるらしいですよ~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中